同志社クラーク記念館

同志社クラーク記念館について

そびえ立つ尖塔は「同志社の誇り」。

永遠に心に残るキャンパスのシンボル。

about Byron Stone Clarke Memorial Hall


1893年創建以来、今出川キャンパスを見守り続けてきたクラーク記念館。国の重要文化財に指定されるドイツ・ネオ・ゴシック建築の重厚な煉瓦造りの建物は、およそ5年の歳月をかけた修復工事によって、2008年に復元。外観の装飾性も増し、よりクラシカルな雰囲気を醸し出しています。キリスト教を徳育の基本とする同志社の精神を学生たちに伝え続けて120余年。クラーク記念館はいつまでも変わらぬ同志社の象徴的存在です。

同志社クラーク記念館ウエディング

海を越えた信仰の証し。クラーク記念館の誕生。

記念館の建設は、新島襄の死を悼んだ卒業生たちによって計画されました。しかし建築資金の募金活動は難航し頓挫する寸前に。そんな時、アメリカ人のクラーク夫妻からアメリカン・ボードを通じ1万ドルが寄付されました。これを機に建設が開始され、ドイツ人設計士と京都の大工の手により完成したのです。

竣工当時のクラーク記念館

竣工当時のクラーク記念館

早世した息子のために一夫妻の愛情あふれる館。

クラーク夫妻は早世した息子のために記念館の建築を望み、同志社は願い通り「Byron Stone Clarke Memorial Hall」と命名。ホール正面には息子への思いを残すタブレットが据えられました。玄関上部の欄間には、その名を刻んだ金文字が今も変わらず輝き続けています。

クラーク夫妻と子息の肖像 クラーク夫妻と子息の肖像 クラーク夫妻と子息の肖像

クラーク夫妻と子息の肖像

修復でよみがえった創建当時の美しさ。クラーク・チャペル。

もとの「講堂」から、教室に改修され半世紀。平成の修復を機に「クラーク・チャペル」と命名、別の天井に隠れていた船形天井や、見事なアーチ、天井飾りなどが復元され、本来の美しさと役割を取り戻しました。今ではオルガンも備えた礼拝の場として、結婚式のほか、チャペルアワー、講演会にも利用されています。

スイス製パイプオルガン 椅子や調度の数々

(左)チャペルにマッチした控え目だが典雅雰囲気のスイス製パイプオルガン
(右)椅子や調度の数々も、創建時の姿をできる限り再現しています

PAGE TOP