LST

京のひとひら | KYO NO HITOHIRA

小さな「京都らしさ」の発見

本日、お客様の招待状の宛名書きをチェックしていました。
そんな中でふと「京都らしさ」を発見したのでご紹介させて頂きます。

皆様ご存じの通り、京都の道は碁盤目状に走っており通りのひとつひとつに名前がついています。

今日目にしたのは「三条通烏丸東入ル」という住所。
毎日たくさんの住所を目にしますが、通りの名前と東西南北で
住所を表すのは京都独特の文化ですよね。

北に向かう事を「上ル(あがる)」南に向かう事を「下ル(さがる)」
東西に向かう事を「東入ル(ひがしいる)」「西入ル(にしいる)」

住み慣れていないと暗号の様にさっぱりわからないのですが
京都人にはなくてはならないもの。

平安時代から続く通り名の歴史を今も受け継いでいるこの呼び名を見ると
なんだか京都の歴史と京都人の誇りを感じます。

「京都らしさ」は神社仏閣だけにあらず!
他県出身の私にとって、この様なひとつひとつが日々発見であり京都の魅力を感じる瞬間です。

ちなみに・・・
LST京都本店は
「河原町通仏光寺上ル(かわらまちどおりぶっこうじあがる)」
にあります。

LSTサロンにお越しの際には是非通り名を頼りにお越しになってみて下さい。
少しだけ「京都らしさ」を感じて頂けるかもしれません!

LST京都本店 和婚プランナー 倉田奈津紀

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
【 2010年09月16日 】【 京のコト
ページトップへ