LST

京のひとひら | KYO NO HITOHIRA

一期一会

今回念願が叶い、書道を始めることになりました。
ワクワク、ドキドキした気持ちを抑えつつ
初めて教室に入ると墨のいい香りが漂っており一瞬にして心が和みました。

お稽古1回目の書は、
自分の好きな言葉や大切にしている言葉を書いてみましょうという内容でした。

私が大切にしている言葉「一期一会」

もともとは、茶道に由来して生まれたことわざだそうです。

あなたとこのように出会い、過ごしている時間は、二度と巡っては来ない一度きりのもの。
だからこそ、一瞬一瞬を大切に、できる限り最高のおもてなしを尽くしましょう。」という、
千利休の茶道の心得が込められいると言われております。

京都の人は、京都という町、人、モノ、
そこに根付いた伝統・文化を愛し大切にしています。
進学や就職などで故郷を離れる方が多い時代ですが、
京都の人は、京都を離れることが少ないといわれております。
そんな私も、根っからの京都っ子です。

お商売人だった祖母が話してくれました。
京都に生きる人は、京都で出会うことを大切にしている。
それは、人でありモノであり、伝統・文化である。良い出会いをしなさい。
大人になるにつれて、祖母の言葉が鮮明に蘇ってくるようになりました。

「一期一会」素敵な言葉ですよね。
なんだか、一度きりの出会いを、一生の出会いに変えてくれるような
温かくて優しい、たくさんの思いがつまった言葉だと思います。

皆さんも、きっと大切にしている言葉や思いがたくさんあるかと思います。
是非お聞かせ頂ければ嬉しいです。

そして、より多くのお客様にお目にかかれますことを心よりお待ちしております。

LSTkarasuma 三原かなゑ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
【 2010年09月19日 】【 京のコト
ページトップへ