LST

京のひとひら | KYO NO HITOHIRA

2011年・京都が熱い

2011年春、京都では
「法然上人800年大遠忌(だいおんき)」、「親鸞聖人750回大遠忌」が行われます。
50年、100年ごとにおこなう、ご遺徳をしのぶ年忌法要です。
(法然上人・・・浄土宗をお開きになった宗祖)(親鸞聖人・・・浄土真宗の宗祖)
江戸時代よりうけつがれた法要をもちいて行われ、
法然上人、親鸞聖人の教えを現代にあらためて知ることができます。
この行事に向けて、各寺院で着々と準備がすすめられています。
法要・記念行事に参拝される方が京都に集られるというわけです。

仏教では、
「あらゆるものは、何ひとつ単独で存在しているのでなく、
他との関わりの中に成立している」と考えられてるそうです。
そう考えると、今ここにいる生かされている自分の存在、
一緒に働いているスタッフ、
色んなことに感謝すると、心は静まり、安らかになる。
相手に対する思いやりの心が生まれるように感じます。

常に、世界から注目される京都ですが、
来年はさらに大勢の人々が訪れる都となりそうです。

LST karasuma 西川 徳子

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
【 2010年09月25日 】【 京のコト
ページトップへ