LST

京のひとひら | KYO NO HITOHIRA

「おこしやす」

京ことばのひとつに「おこしやす」という言葉があります。

先週末、両家共に関東方面からお越しのお客様のサポートで
料亭さんに行っていた時のこと、
お父様がふと仲居さんに尋ねられました。

「今日ここに到着したときに『おこしやす』って言って出迎えてくれたけど
『おいでやす』とはどう違うの?」

ご存じの通り、京都は山に囲まれた盆地です。
昔は京都に来るためにわざわざ山を越えなければならないことも多かったので
山を越えて来てくれる方には「おこしやす(お越しやす)」、
近くから来られる方には「おいでやす」と使い分けていたそうです。

長年京都に住んでいる私ですが、初めて知った事だったので
思わずお客様と一緒に「へぇ〜」と感心してしまいました。

今回はもちろんお客様がご遠方からお越しと知っての一言。

お出迎えの言葉ひとつにも気遣いがある、
京都の料亭の「おもてなしの心」を感じた瞬間でした。

LST京都本店 和婚プランナー 倉田奈津紀

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
【 2010年11月11日 】【 京のコト
ページトップへ