LST

京のひとひら | KYO NO HITOHIRA

祖母様からの贈り物

昨日ご婚礼をなされた新婦様の祖母様より頂きました「鶴」と「亀」の見事な和菓子。
伊賀名物の「おしもん」という伝統和菓子です。

伊賀の地で百余年、お菓子一筋に取り組まれてこられた名店のお品を拝見すると、
新婦様のご結婚式…この日を楽しみにお迎えになられた祖母様の想いが
伝わります。

「鶴は千年、亀は万年」と言われ、めでたいものの1つとされています。

鶴は古来より 夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから「夫婦鶴=めおとづる」といわれて「めでたい鳥」として尊ばれてきました。

「亀は万年」と言われて、鶴とともに「長寿を象徴する吉祥の動物」とされ、めでたい生き物として尊ばれています。

祖母様の想いをうけて晴れてご夫婦となられたN様ご夫妻、
きっと夫婦鶴のように いつまでも仲良く 幸せな家庭を
築いていかれることと存じます。

ご結婚、誠におめでとうございました!

京都本店 和婚プランナー S


A grandmother of the bride who got married yesterday gave me the beautiful sweets shaped a crane and a turtle.
It is called “OSHIMON”, a traditional sweets in IGA region.

She ordered the sweets from the famous shop which has been in business over 100 years to celebrate her grandchild’s wedding.
She must have been really looking forward to this happy day.

Cranes and turtles have been believed as lucky animals.

Cranes are regarded as a symbol of the good marriage as
they will be together for life with only one partner.
And both turtles and cranes are the symbols of longevity and good fortune.
It is said “Cranes live for a thousand years and turtles live for ten thousand years”.

I believe Mr. and Mrs. N will make a happy family for a life time like a crane couple as the grandmother hopes.
Congratulations!

By S / Japanese Wedding Planner, LST Wedding Kyoto

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
【 2014年07月27日 】【 京のコト
ページトップへ