LST

京のひとひら | KYO NO HITOHIRA

音楽でのおもてなし

先日、雲一つないほど清々しい日に「上賀茂神社」さんにて挙式後「料亭左阿彌」さんでのご結婚式のサポートをさせていただきました。

新郎新婦様はドイツに在住されてるファゴット奏者でおられます。
ご披露宴では音楽関係のご友人様方がたくさんお越し下さり、
新郎新婦様のために書き下ろされた世界でたった一つの楽譜をピアノで演奏下さったり、クラリネットのご演奏など優美な時間でございました。

そして、おひらき前に新郎新婦様から皆様へ・・・

ご夫婦で奏でる優しいハーモニーに会場内が静まり聴き入りました。

DSC00639

私自身、ファゴットを初めて拝見させていただき音色を聴きましたがとても綺麗でお打合せでは見たことのない新郎新婦様の表情でございました。
お聴きしながら新郎新婦様が所属されてるオーケストラにて演奏されてる光景が目に浮かびました。
ドイツからご結婚式当日に向けてご準備下さいまして誠にありがとうございました。
末永いご多幸を心からお祈り申し上げます。

LST京都本店 プランナー T


“OMOTENASHI” WITH MUSIC

There was a wedding ceremony at Kamigamo shrine under the cloudless blue sky, and afterwards a wedding reception at Saami ryoutei restaurant.

The bride and groom were fagotto (bassoon) players living in Germany, and among their guests were many musician friends. They played an original piano composition or others played clarinet for the newly wed couple which made the reception so special.

Before the end of the reception, the bride and groom together played fagotto for the guests…

Everyone listened intently the soft and gentle tune.

Actually, it was the first time for me to listen the tune of the fagotto. It was a beautiful sound.
The bride and groom looked differently from when I met them to prepare the wedding.
While listening the music, I imagined the couple playing the fagotto in the orchestra in Germany.

I appreciate their cooperation from Germany to prepare the wedding with us.

We wish for many years of happiness for them!!

By T / Wedding Planner, LST Wedding Kyoto

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
【 2014年12月23日 】【 京のコト
ページトップへ