LST

京のひとひら | KYO NO HITOHIRA

鯖寿司

5月15日は、京都の三大祭のひとつ「葵祭」がございます。

平安貴族そのままの姿をした総勢500名が
京都御所を出発しまして、1日がかりで下鴨神社・上賀茂神社へ
新緑がきれいな都大路を行列で歩きます。

  • 上賀茂神社 細殿
  • Hosodono in Kamigamo Shrine

その中で、京都のお祭りではかかせない「鯖寿司」を
京料理さくらいさんがLST京都店・東京店へ届けてくださいました。

古来より京都では、お祭りや晴れの日の食卓には鯖寿司が飾られており
京の町衆のご馳走といえば、「鯖寿司」といわれるほどです。

  • 鯖寿司
  • Saba-zushi (rod-shaped sushi topped with mackerel)

スタッフ皆で頂戴しました鯖寿司からは
女将さんをはじめスタッフ皆さんの「やさしさ」が伝わってまいりました。
京料理さくらいさんのあたたかいお心遣いに、心から感謝申しあげます。

LSTウエディング 京都本店 I


SABA-ZUSHI (ROD-SHAPED SUSHI TOPPED WITH MACKEREL)

The highlighted event of “Aoi-Matsuri”, one of the three most renowned festivals in Kyoto, takes place on May 15th every year.

The procession consists of over 500 people dressed in the costume of Heian nobles leaves Kyoto Gosho (=Imperial Palace) and heads for Shimogamo and Kamigamo shrine.
They walk through the main street lined with trees with fresh green leaves.

“Kyo-ryori Sakurai (ryoutei restaurant)” kindly delivered Saba-zushi(rod-shaped sushi topped with mackerel) to LST Kyoto and Tokyo.
In Kyoto, Saba-zushi is served as an essential food for the festivals and celebrations. It has been a special treat for “Machishu (=merchant class) in Kyoto”.

We shared the Saba-zushi with all the staff of LST.
We could feel Okami-san and other staff of Sakurai’s warm hearts.
Thanks so much for the kind gift, Sakurai.

By I / LST Wedding Kyoto

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
【 2017年05月14日 】【 京のコト
ページトップへ