LST

京のひとひら | KYO NO HITOHIRA

同志社ウエディング下見見学会「素敵な出会い」LST

2月7日、同志社大学にて下見相談会を開催させていただきました。

昨年に引き続き、今回もたくさんの新郎様、新婦様、
そしてご家族様がお越しくださいました。

ちらほらと雪が降るなかではございましたが
ご来館いただきました皆様、本当にありがとうございます。

その時の様子を…少しご紹介させていただきます。

  • 重要文化財に指定されている「クラーク記念館」にて
    同志社ウエディグについての概要説明がございます。
  • In “The Byron Clark Memorial Hall” which is designated as a national important cultural property,
    the outline of the wedding plan was explained to the guests.

  • その後、もう一つのチャペル「礼拝堂」に見学へ参りました。
  • Later, they made a tour to another chapel “Reihaido”.

同志社の創立者「新島襄」は、桜よりも梅を愛したと言われています。
礼拝堂の前に植えてある白梅と紅梅。
見学に立ち寄った皆様を、出迎えているように感じました。

久しぶりに母校を訪れた新郎新婦様からは
「在学していた間、クラーク記念館は改装中だったため
初めて館内に入れた」と伺いました。

学生の頃からお付合いされているお二人。
大学生活を想い返しながら、お話しくださる表情からは
ご結婚式を楽しみにされている様子が伝わって参りました。

素敵な出会いに感謝しますと共に、
お二人のご結婚式をお手伝いできますことを
今から楽しみにしております。

同志社ウエディングプランナー I


WEDDING AT DOSHISHA UNIVERSITY “WONDERFUL ENCOUNTER”

On February 7th, we held an inspection and wedding consultancy meeting at “Doshisha University”.

Again, so many couples and their families participated in the event.

We would like to thank for those who came over in spite of the snowy weather.

I would like to give you a sneak peek of the event.

It is said that the founder of Doshisha, “Joseph Hardy Neesima” loved plum-blossoms rather than cherry blossoms.
In front of the chapel, red and white plum trees were planted.
They looked as if they were greeting the guests who visited there for inspection.

One couple who had graduated the university told me,
“When we were in University, “Clark Memorial Hall” was under repair work.
So it is our first time to step inside the building.”

They have been dating since their schooldays.
They recalled and talked about their college life each other, and I could see that they were really looking forward to their wedding.

I am so grateful for the opportunity to see them and looking forward to supporting their wedding ceremony soon!

By I / Doshisha Wedding Planner

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
【 2016年02月09日 】【 京のコト
ページトップへ