東南隅櫓

二条城について

元離宮二条城

二条城は、慶長8年(1603年)、徳川家康が京都御所の守護と上洛のときの宿泊所として造営したのち、三代将軍家光により伏見城の遺構を移すなどして、寛永3年(1626年)に完成しました。幕末の慶応3年(1867年)には、十五代将軍慶喜が二の丸御殿大広間にて大政奉還を発表するなど、徳川家の栄枯盛衰のみならず、日本の歴史の移り変わりを見守ってきたお城です。 家康が建てた建築と、家光がつくらせた絵画・彫刻などが一体となり、いわゆる桃山様式の全貌を見ることができます。

城内マップ

清流園

雄大・明朗・風雅をモチーフに全国から銘石を集め、昭和40年(1965年)に完成した和洋折衷の庭園です。
芝生を敷き詰めた洋風庭園と2棟の茶室を含めた池泉回遊式の和風庭園からなります。

清流園

香雲亭

江戸時代の豪商・角倉了以の、河原町二条一帯にあった屋敷から昭和40年(1965年)に移築された建物です。
京都を訪れた国賓や公賓のおもてなしをする会場としても利用されています。

香雲亭
ページトップ